中田さん

中田さん
地域包括支援センター(あんしんすこやかセンター)勤務
社会福祉士|勤務年数:6年(平成25年入職)
中田 理恵さん

幅広い職種があり、
キャリアや目標を描きやすいと感じて入職。

高校生の時に祖父が要介護になり、訪問介護を受けたり、デイサービスに行く中で、福祉の大切さに気づきました。
その後、大学受験前に色々と調べる中で、ハンディキャップをお持ちの方から話を聞き、困っていることの解決方法を考える社会福祉士という仕事に心惹かれ、大学で学ぶことにしました。神戸福生会で実習をした時に、実際に働く人からどんな想いで仕事をしているのかを聞き、やはり自分も高齢者福祉の分野で働きたいと改めて思いました。
神戸福生会は規模が大きく、職種も幅広くあるので、キャリアや目標を描きやすいと思って入職を決めました。

様々な職種が集い、地域の高齢者にアプローチする地域包括支援センター。

介護職を経験後、現在は地域包括支援センターで働いています。
ここには、保健師、看護師、主任ケアマネジャー、社会福祉士など様々な資格を持った職員がいて、それぞれの経験や知識を活かしながら、相談があった地域の方々にアプローチしていきます。経験が浅いからと遠慮するのではなく、私はこう思うと意見を伝えるようにしています。ここでの仕事を通して、色々な方の人生経験や価値観に触れることができるのがやりがいです。自分の住み慣れた地域でどんな風に生活したいと思っているのか、想像力を働かせながら必死に考えています。

資格取得に挑戦しやすい環境で、
まずはケアマネジャーに。

地域包括の仕事は、日々の相談から「何に困っているのか」や「どうしたいのか」を聞き出し、本質を捉える力が重要です。そんな力を養い活かすためにも、働きながら勉強してケアマネジャーの資格を取得したいと思っています。ここは法人内で講座も開催されているので、資格取得にも挑戦しやすい環境だと思います。
研修制度が充実しているので、たとえ未経験で入職しても資格取得が可能です。福利厚生も充実しており映画や食事が安くなる制度はよく利用しています。


今すぐ電話でお問合せ 078-612-3335