山平さん

山平さん
特別養護老人ホーム勤務
介護職員|勤続年数 : 1年(平成30年入職)
山平 小百合さん

一人ひとりをじっくりと見て判断する。

中学生の頃に見かけた笑顔あふれる介護職員の印象がとても強く残っており、大学では福祉を専攻し、社会福祉士を目指しました。そんな大学時代の実習先が神戸福生会。実習における指導は厳しくもあり優しくもあり、職員の方々が利用者様一人ひとりのことを、じっくり考えていらっしゃるのを肌で感じました。当時の私は、まだ自分の価値観で利用者様のことを判断していたかもしれません。でも実習先で指導者の方に言われた「利用者様の価値観は様々。決めつけない方がいい。」という言葉には感銘を受けました。
一人ひとりをじっくり見て関わっている神戸福生会だからこその言葉だと思いました。

スタッフが一致団結して、利用者様のために働いている。

自宅からは離れていたのですが、実習での感銘が忘れられず、神戸福生会に入職。最初の3ヶ月はチューター制度があり、先輩と一緒に行動しながらいろいろと質問をして、やるべきことを覚えていきました。利用者様のために行動しようというスタッフが集まっているので、一致団結して一つの目標に向かい働けます。
1年ほど経ち、利用者様の皆様と分かり合え、利用者様の笑顔が増えたり、ありがとうという言葉をいただけた時は、とても嬉しいですね。

利用者様の個性を引き出せるように、
いろんなことを吸収する。

今後は技術面を磨くと同時に、もっと利用者様のことを知り、一人ひとりに適したケアや、その方らしさを引き出せるようになりたいです。
自分が成長することで人生の大先輩である利用者様から学ぶこともさらに多くなると期待しています。また先輩の姿をみて、例えば利用者様への声かけ一つとっても見習うべきことは沢山あるので、満足せず日々いろんなことを吸収していきます。将来的には、他のユニット型の施設やデイサービス等幅広く様々な施設を経験していきたいですね。


今すぐ電話でお問合せ 078-612-3335