寺前さん

寺前さん
特定施設入居者生活介護(ケアハウス)勤務
主任介護職員|勤務年数:14年(平成15年入職)
寺前 喜代美さん

多くの出会いから、「有難い」と思えるようになりました。

美容師として働いていた頃から訪問美容など福祉・介護に関心があり、職業訓練校を経て入職。当初は上手くできないことが多かったのですが、理解ある先輩方に支えられて、ここまで続けることができました。 利用者様の中には、いろいろなことを諦めている方もいらっしゃいます。そのような方が、私たちのケアでQOLが向上し、喜ばれている姿を目にすると、この仕事を選んで良かったと思います。また最期に立ち合わせていただくなど以前は負担に感じたさまざまな場面も、たくさんの利用者様との出会いによって、今ではそのご縁を有難いことだと思うようになりました。

研修という学びの場で、さらに視野を広げて。

最近は、研修委員という立場で法人の研修に関わることが多くなりました。研修は、日常の業務に流されがちな私たち職員が、一旦立ち止まって、法人の理念を振り返り、客観的に業務を見つめ直すことのできる大切な時間です。
また、普段は接することが少ない他の施設の、特に勤務年数や経験が近い職員が集まることから、考えや悩みなどを共有できるコミュニケーションの場にもなっています。日常の業務の合間に研修の課題に取り組むことになり、忙しくはなりますが、私にとっても視野を広げることができる貴重な学びの場だと思っています。

素直な意見を書くことができる、
職員アンケート。

14年間の特養での勤務を経て、現在のケアハウスに異動になりました。きっかけは、定期的に実施される法人の職員アンケートでした。
同じ職場に長く居ることは、その職場にとっても、また私自身にとっても良くないことではないかと感じ始めていました。若い職員が、新しい上司のもとで異なる視点や考えを知ることは大切なことです。「機会があれば、異動した方がいいのではないかと思っています」と素直な気持ちを書きました。さまざまな場で働く機会を得ることができるのは、職員と利用者様を深く思うことができる神戸福生会ならではだと思います。


今すぐ電話でお問合せ 078-612-3335