神戸福生会とは

西村さん


「社会人としてのマナーを学べたことがとても刺激的でした。」

介護士になるのが中学生からの夢だったんです。高校の部活動の大会で神戸によく来ていたので神戸福生会を学校の先生に薦められたときは、不思議と親近感を覚えました。そして実際に施設に見学に行った際、「高齢者ケアセンターひょうご」に行き、入ってすぐのエントランスがとても広く開放的で明るい雰囲気に「ここで働いてみたい」という気持ちが高まりました。 現在は入職してまだ間もないですが、先輩方に助けてもらいながらようやく一人でも自発的に動けるようになってきました。
利用者の食事補助や入浴などのケアはもちろん、入職してから社会人としてのマナー研修に参加できたことがとても刺激的で新鮮でした。私は高校を卒業してからすぐに就職したので、大学に行ってる友達と会うと生活スタイルも違うので少しだけ違和感を感じますが、憧れだった一人暮らしも始めることができて皆より得してる気がして今とても充実しています。


「利用者に寄り添い、それぞれに合ったケアができるようになりたい。」

入職する前と今では介護に対する印象が180度変わった気がします。初めは利用者とうまくコミュニケーションがとれず、笑顔なんて見ることができないんだろうなと思っていましたが、実際はそんなことは心配することなく現場は笑顔で溢れています。気持ちが伝わらない場面があり、自分自身の不甲斐なさを感じるときはありますが利用者の「ありがとう」の言葉を聞くと、またがんばろうと思えます。
目標にしていることはまず、利用者一人ひとりに寄り添いその方に合ったケアができるようになること。それから、先輩にケアプランに関する情報整理を任せてもらえるようになることです!よいケアプランを作るには、介護職がその方の情報を整理して、筋道を立ててケアマネジャーに伝えていくことが重要です。担当の利用者をもってそれらを任せてもらえるようになりたいです。今はまだ、そんなふうになっている自分を想像できないけど、一年前にできていなかった介護の仕事ができるようになったことと同じように、まずはがむしゃらに吸収して前に進んでいきたいです。

メッセージ

介護の仕事は苦しい・大変だと思われがちです。
確かに仕事としての大変さはありますが利用者の「ありがとう」のひとことで疲れはすぐになくなりますよ!
私も今日まであったたくさんの「優しい言葉」で心強くなり頑張っています。



今すぐ電話でお問合せ 078-612-3335