神戸福生会とは

中島さん

「福祉の世界と出会えたボクは、すごくラッキーだった。」

高校生の時、仕事の適性をチェックする100の質問を辿っていくと、“福祉タイプ”という判定が出たんです。その頃は特にやりたいことも決まってなかったので、とりあえず高校の先生に相談して4年生大学の福祉学科に入学しました。そこで出会ったゼミの先生がまぁ強力な方で…(笑)。最初はあまりにも強烈なキャラに戸惑ってばかりいたんですけど、先生の介護に対する想いや取り組み、人に与える影響力の大きさに引き込まれていきました。そしてこの人こそ、神戸福生会の前施設長だったんです。この場所を訪れたのが確か3回生の後半で、先生と一緒に施設の見学に行きました。そこで施設の魅力について語りはじめた先生の話を聞かせていただいているうちに、「ここで働きたい!」と思ったんです。
「向いてるかも?」くらいの軽い気持ちで飛び込んだ福祉の道だったけど、そこで出会えた人たちに恵まれた僕はすごくラッキーだったのかもしれないですね。

「本当の介護は、利用者一人ひとりに合ったケアを考え続けること。」

そんな調子ではじめての現場に入った僕でしたが、今まで学んできたことはなんだったの!?って思えるくらい、現実は厳しかったです。
学校では一般的な介護の基礎を中心に学んでいたんですけど、本当の介護っていうのは、利用者一人ひとりに合ったケアを考え続けるものであって、決して同じ作業の繰り返しじゃないんです。だからいつも利用者の表情や想いを汲み取りながら、ケアの方法をその都度変えるようにしていますね。それってものすごく気を遣うことだし、思い悩んでしまうこともたくさんあります。ただ僕は好きなことと仕事が比例しているというか、誰かの不安が解消されることを楽しいと感じることができるタイプなんですよね。だからほんの些細なことでも「ありがとう」って言ってもらえたら「やっぱりこの仕事好きなんだなー」って実感してます。
自分の成長が好きなことに直結しているというのは、仕事を選ぶ上でとても大切な要素だと思いますね。


「まだここにいない、いろんな価値観をもってる人たちに来てほしい。」

ここにいるスタッフは年齢も近いし、若いからこそ生まれるアイディアをたくさんもってると思います。だから先輩からのアドバイスもスッと頭に入ってくるし、何でも相談しやすい環境がありますね。
あと、「これは神戸福生会ならではだな」っていつも感じるのは、いろんな価値観をもってる人たちの集まりだというところ。だから専門性をもった人だけじゃなくて、まだここにいないタイプの人に来てほしいですね。そういう環境を活かして「今まで当たり前だと思っていたことは、もしかして間違いだったのかも!?」って思える人がもっと増えてくれると嬉しいです。僕もいつの間にか先輩になって、そんなふうに考えられるようになりました。自分と違う価値観を認めるのは、すごく難しいことかもしれません。だけど、僕自身が先輩にそうしていただいたように、後輩の考えや意思を曲げるようなことは絶対にしないようにしています。新しい価値観と出会える毎日は、ワクワクの連続です!

「人生の恩師である先生に「よくやったな!」って認められるように。」

僕がはじめての看取りを経験した時のことです。ある看護師さんから「亡くなる方はみんな看取ってくれる人を選んでくれるんだよ。」という言葉をかけていただいたことがありました。介護はやってあげる仕事だって思われがちだけど、実際は9割以上が教えてもらうことばかり。まったく後悔しないっていうのはなかなか難しいけど、それ以来、利用者と過ごす限られた時間の中で自分にできることは全部やろうと心に誓いました。
その気持ちを強くもつことで、毎日全力で利用者と向き合うことができるんです。その気持ちをベースに今よりもっとできることを増やして、はやく一人前の介護士になりたいですね。どこまでいっても納得のいく答えは出ないと思いますけど…(笑)。
今はとにかくいろんな経験を積んでいきたいですね。そしていつか、人生の恩師である先生に「よくやったな!」って認められるのが目標です!!


メッセージ

福祉は専門性を求められる仕事です。専門性を深める中で、利用者にとってより有益なものを探っていくと、個人の様々な価値観に出会うことができます。それにより、いろんな気付きが得られることが面白くてやりがいにつながるから、もっと、もっと知りたい、学びたいという思いが湧いてきます。
いろんな価値観に出会うことは成長につながります。そのためにも、ひとりで考えこまず、仲間とよく話をするようにしています。ボランティア、スタッフ、どんな相手であっても、人と向きあうということに一生懸命悩んだり、笑ったり…。そういう時間を大切にしながら一緒に頑張っていきましょう!



今すぐ電話でお問合せ 078-612-3335