職員研修制度職員研修制度

入職からしっかり見守り、育み、共に歩むために。

神戸福生会は、事業としても展開する質の高い研修システムを確立しています。
全職員がキャリアや役職、担当に応じて適宜研修を受講し、現在の職務にあらためて向き合う確認作業に加え、課題を抽出し、スキルを磨く機会を提供しています。

新人基礎研修(4月入職の新卒例)

  • 新人研修(3日間)

    神戸福生会の歴史と理念を学びます。
    また、社会人、福祉専門職としての心構えや姿勢への理解を深めます。

  • 新人マナー研修(1日間)

    「専門職」以前に学生からの意識変革と「社会人・組織人」としての考え方や基本姿勢への理解を深めます。

  • 辞令交付&着任研修(1日間)

    今後1年間の目標について発表します。
    また、施設サービス事業と法令遵守についての理解を深めます。

  • 初任者研修(1カ月)

    介護職員としての具体的な業務内容を先輩職員の指導を受けながら実践し、習得していきます。

チューター指導

各介護現場に配属されてから、3ヶ月〜6ヶ月は新人1人に先輩職員1人が付き、指導・助言を行います。初めての職場で安心して業務を遂行することができます。

さらに、各々の現場でも主任・副主任、および先輩職員がフォローし、丁寧に指導します。全職員が新人を見守り、育てる態勢にあります。

  • 1年目研修(半日)

    1年間を振り返り、目標への達成状況や新たな理解について整理します。また、上司と作成した目標管理シートの結果を受け、目標の見直しなども行います。

  • 中堅職員研修対象勤務3年〜役職員未満

    介護実践の勤務経験を通して、援助内容を検討し課題抽出・解決できるスキルを身に付けます。 さらに他職種との連携の方法などを学びます。

  • 上級職員研修対象主任・副主任職員

    現場のマネジメントに必要なスキルを身に付けます。

  • 管理者研修対象対象:課長職以上

    人材育成や経営戦略など、企業経営に関わる取り組みを実践できるスキルを身に付けます。


今すぐ電話でお問合せ 078-612-3335