神戸福生会とは神戸福生会とは / 理念・挨拶

介護理念

全国第一号の社会福祉法人だからこそできる、福祉がある。

社会福祉法人神戸福生会は、1951年の法人設立以来60年間にわたり高齢者介護事業を推進してまいりました。
昭和26年12月に全国第1号の許可を受け、特別養護老人ホームによる入所施設サービスを核とした事業の展開の中で培った介護技術・対人援助技術を駆使し、時代の要請に添って在宅福祉サービスの事業展開も進め、施設福祉サービスと在宅福祉サービスの有機的な連携を図る、総合的な高齢者ケアセンターとしての機能の充実強化を進めています。

これらの事業展開の中から、本法人は高齢者福祉に対する基本理念を
◆利用者、家族のニーズの把握に努め、自己決定・自立支援を基本とする。
◆利用者本位のサービス提供を基本とする。
◆利用者、家族の生活の全体像把握に努め、その中でわれわれの提供するサービスの担う役割と有効性を常に検証する。
◆利用者の生活の個別性を尊重し、個別処遇を基本とする。
◆利用者の権利擁護を遵守し家族を含めた個人情報には守秘義務を徹底する。
として、その実現のために事業展開を図ります。

ご挨拶

挨拶

採用担当をしています渡辺です。高齢者介護福祉の仕事は決して身体が楽な仕事ではありません。身体が楽ではないのに、なぜわたしたちは「介護の仕事」を続けているのでしょうか。
それは、職員一人ひとりが「理想」の介護のあり方へ向かって、常に創造し、成長している実感を持ちながら仕事をしているからです。「介護」のプロ集団としての誇りと自負を持てる職場だからこそ、現実に真摯に向かい合い、理想を語り合うことができるのです。

私達は、そんな理想を語り合える「仲間」を歓迎しています。


今すぐ電話でお問合せ 078-612-3335