高齢者ケアセンター甲南・ケアハウスこうべ甲南 ホームだより

7月7日 七夕

2019年07月08日

皆様、こんにちは。

2019年7月7日の七夕はどうやらいいお天気のようですね。

 

高齢者ケアセンター甲南では行事食として

彩り豊かな七夕そうめんを提供致しました!

その他、献立はゴーヤのかき揚げ、南瓜の含め煮、すいかとなっております。

 

左手前の大鉢は、見やすいようにまだお汁を入れていない状態で取りました。

中心の星形人参やオクラが天の川のように見えたらいいな…

と思いながら献立に入れましたが、厚焼き玉子と隣り合う事で綺麗に映えておりますね!

願い事をしながら食べるともしかしたら叶うかも知れません。

 

中心の黄色い鉢はかき揚げですね。

一緒に上げた玉ねぎやコーンがゴーヤの苦みを緩和する甘みの役割になっていて、海老が旨味や食感を残します。

ゴーヤもそんなに苦くなかったので夏を感じながら食べやすい1品になったのでないでしょうか?

また、南瓜の含め煮は枝豆と一緒に炊いており、

これもオレンジの中に緑があって目に留まりやすいですね。

 

最後、デザートのスイカはお皿からはみ出すくらい大ぶりの物になりました。

でも、とても甘くてジューシーなスイカで凄く美味しかったです。

入居者の皆様に提供するスイカは外から見える種は取り除いていますが、

あまり種自体が無かったので食べやすくもあり、

満足して召し上がって頂けたかと思います。

 

令和最初の七夕、皆様が短冊を書いて飾っておられたのを

叶えば良いなと見ながら廊下を歩いております。

 

叶うまで元気でいる為にも、本日だけでなく日々の食事も美味しいものを提供して

しっかり食べて頂けるよう、厨房一同努力して参ります。

 

それでは、また次回の行事食をお楽しみに!

カテゴリ: その他 投稿者: 神戸福生会

イベント食 〜福井県・あわら温泉-~

2019年07月02日

皆様、こんにちは。

6月のイベント食は福井県・あわら温泉がテーマです。

 

献立は

大根まま、鶏の治部煮、温奴、めった汁、林檎

となっておりました。

 

あまり馴染みのない献立名も見受けられますね。

 

まず、大根ままと言うのは大根ごはんの事です。

塩茹でした大根の葉をきざみ、ごはんに混ぜ込むものです。

白米が貴重な時代につくられたので

シンプルな味わいの物が郷土料理として定着したのでしょうか?

興味深いですね!

 

次はメインですが、治部煮はメジャーな献立かと思います。

『じぶじぶと煮立てて作る』事から治部煮、と命名されたようです。

片栗粉でとろみを付けているので冷め難く、

レンジの無い時代は画期的な献立だったのかな…

なんて思ってしまいますね。

写真を見ると分かりますが鶏の他にも

さつま芋、花麩、法蓮草、人参、筍…と、色んな具を取り入れて

色取りよくなるよう工夫しています。

 

北陸に位置する福井では大豆の生産が盛んという事で

豆腐も献立に入れてみました。

畑の肉と言われる大豆で出来た豆腐で、しっかりと栄養補給していきたいですね。

めった汁は豚汁の事を指します。

『めった』に食べられない豚の入った汁物、

やたら『めった』ら具を入れる汁物…と由来は諸説あります。

豚の甘みが汁に溶けた美味しい一杯となりました。

 

フルーツはあっさりしていて今の時期に出回っているもの

という事で林檎にさせて頂きました。

汁にとろみがついていたり、塩味や旨みを利かせた献立となっていたので

果物の甘みでお口直しが出来たのではないかと思います。

 

 

左の写真は飲み込むのが苦手な方に向けて加工したものになります。

汁椀は見えやすいようにまだ汁を入れていませんが、

鍋をユニットに配り、温め直してから提供をさせて頂いています。

 

1番下の写真は今回のイベント食のPOPです。

このブログで紹介した事が載っていたり、

その地域の位置取り・特徴が書かれています。

 

 

これを見ながら昼食を楽しんで、

福井県の豆知識が増えたのではないでしょうか?

 

目を見張るような献立はなかったですが、

時代や地域の特性を受け継いできた事を感じられ多様に思います。

それでは、次回のイベント食も楽しみにお待ち下さいね!

カテゴリ: その他 投稿者: 神戸福生会

イベント食〜鹿児島県・指宿温泉〜

2019年05月16日

皆様、こんにちは。

高齢者センター甲南、本日の昼食は鹿児島県・指宿温泉の食事を

イメージしたイベント食でした!

 

献立はとろろ御飯、豚の黒砂糖煮、カツオのたたき、

キャベツのお浸し、薩摩汁となっております。

 

一番下のPOPでも分かるように鹿児島の特徴を

入れ込んだ食事となりました。

 

豚の黒砂糖煮は酵素にじっくり漬けた柔らかい角切りの物を使い、

珍しい糸唐辛子を添えました。なんだろう?と目を引きますね。

鹿児島は豚と黒砂糖の産地、との事で使用してみました。

 

カツオのたたきは高さを出すのに玉ねぎを使い、彩りの為に大葉をあしらいました。

赤く見えるのは紅葉おろしですが、めちゃくちゃ辛かったので

召上った皆様はパッと目が覚めたのではないでしょうか…。

 

主菜が2つあるような献立でしたね。

お好みの味はどちらだったでしょうか?

 

とろろ御飯は少し醤油を足して味付けした状態の物を、

提供前にお好みでかけて頂きます。

写真に乗りきらなかったのですが、刻み海苔も一緒に提供しており

水分に溶けきらない内に召し上がれると思います。

左の写真の左端のように加工が必要な方は調理段階でペースト状にして

とろろに乗せています。

 

キャベツのお浸しはレッドキャベツと普通のキャベツの2種類使い、

空豆を加えて色鮮やかにしています。

 

薩摩汁は鹿児島県の郷土料理で根菜を中心にした具沢山味噌汁です。

一番上の写真では、汁が入ると具が見えなくなってしまったので

減らして写真撮影を行いました。薩摩揚げと人参が顔を出していますね。

食材の旨みが味わえる一品でした。

 

いかがでしたでしょうか?

普段なかなか、食事では使わない食材をふんだんに使用した

イベント食でした。

 

日本の名湯を巡ってお食事を食べるような気持ちになって

楽しんで頂ければ幸いです。

 

それでは、次回もお楽しみに!

 

 

カテゴリ: その他 投稿者: 神戸福生会

こどもの日

2019年05月16日

 

皆様、こんにちは!

元号が変わって初めての行事食はこどもの日となりました。

高齢者ケアセンター甲南では昼食に散らし寿司を提供しましたよ。

 

献立は散らし寿司、南瓜の甘煮、筍とピーマンのおかか和え、

豆腐と青ねぎの味噌汁となっています。

中心にある散らし寿司が目立っていますね。

 

散らし寿司の具はフキ、海老、カニカマ、穴子、錦糸卵、刻み海苔、

生姜となっています。

寿司飯には高野豆腐や人参、椎茸も混ぜ込んで、

内容の盛り沢山な一品でした。満腹になった人も多いと思います。

 

南瓜の甘煮は皮は残しているので形はあるのですが、

しっかりと炊き込まれていて身の部分がとても柔らかでした。

絹さやの緑が彩りを添えますね。

 

筍とピーマンのおかか和えは寿司と甘煮と対照的に

あっさりとした味付けにしました。

冷たい小鉢として提供しているので

より口の中をすっきりとさせる献立になったのではないでしょうか。

 

味噌汁は以前は寿司と赤だしをセットにする事が多かったのですが

「寿司の時も味噌汁が良い」というご意見を頂いてからは

変更するようにしています。

植物性たんぱく質である豆腐を使って献立のバランスも整えられました。

 

左の写真は飲み込むのが苦手な方に提供する為に加工したものです。

ユニットには何がどの具か分かるように書いた用紙を配布して

何を食べているか分かり易くなるように工夫しています。

 

いかがだったでしょうか?

皆様、寿司と刺身は大好きという方が多いので、少しでも喜んで頂けたらと思います。

 

それでは、次回の行事食もお楽しみに!

カテゴリ: その他 投稿者: 神戸福生会

イベント食 〜愛媛県・道後温泉-~

2019年05月16日

皆様こんにちは!

新年度に入りまして、最初のイベント食は

日本全国の温泉地をテーマにしたものになりました!

 

4月は愛媛県・道後温泉です。

POPにも書いてありますが日本最古の温泉だそうです。

地域の特色を取り入れたお食事を提供していきたいと思います。

献立は、

かやく御飯、鯵の麦みそ焼き、ジャコ天の煮物、素麺の清まし汁、

ポンジュースゼリーでした。

 

かやく御飯は空豆の緑が鮮やかですね。

人参としめじ、鶏肉も入っており旨みがしっかり聞いた主食でした。

主菜の鯵はいつものもの味噌ではなく麦味噌を使うなどして地域性が出るようにしました。調べたのですが塩分が低めだそうですね!

しかし麦 独特のコクがあるのかしっかりと味がついておりました。

 

 

ジャコ天は「宇和島の…〜」と言えばジャコ天と言うくらい有名だそうですね。

 いつも使う薩摩揚げとは色が違うので「?」となる人もいたかもしれません。

皮や骨ごとすり潰して入れ込むので灰色がかったり黒い粒々が入ったりするのですが、健康上には何の問題もありません。

むしろ、カルシウムやミネラルが他の物より多いとされています。

ちょっと得した気分ですね。

 

 

汁物は素麺清まし汁としました。

松山市は五色素麺発祥の地という事ですが、鮮やかな色の素麺が

昔から食卓を彩っていたのでしょうか。

写真では見にくいですがピンクや緑の素麺もしっかり入れております。

 

 

 デザートはポンジュースゼリーとしました。

上にはホイップクリームと伊予柑も乗せております。

左の写真でもゼリーと伊予柑ペーストの境目が良く見たら分かりますね。

みかんそのものを出すには少し時期がずれてしまったので

有名なポンジュースを使って爽やかな甘みをお届けできるようにしました。

 

今日は暖かいので、時間が経つにつれゼラチンが少し緩くなってしまった方も見受けられましたが、

そういう場合はもう一度冷蔵庫に入れて冷やして頂ければまたツルンとした食感を感じて頂けるかと思います。

 

 

次回5月は鹿児島県・指宿温泉をイメージしたイベント食の提供を予定しております。

皆様、次回も楽しみにお待ち下さいね!

カテゴリ: その他 投稿者: 神戸福生会

«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || 次へ»